豊かで安心な暮らしを支える土木・建設コンサルタント
011-753-5560 受付時間:8:30~17:30 (土日祝は除く)

斜里川(シャリガワ・斜里町)の蛇行形成

2015年2月25日 主要実績 環境分野

自然環境の調査・解析・モニタリング業務

斜里川の改修にともない、ある期間、瀬と淵は消滅する可能性があります。この斜里川は全国一のサケマス漁獲量を誇る川で、斜里岳の豊富な湧水もあって、自然産卵場としても重要な河川です。サケマスの生活史において、瀬と淵は欠かせないハビタットです。そこで、現在進めている低水路改修断面内に川の営力を使った人工蛇行で瀬と淵を造る計画を実施しました。人工蛇行は水制による水はね機能で発生すると仮定し、水制の間隔、大きさは「一般曲線座標系におけるスペクトル法を用いた3次元流解析プログラム」を使ったシミュレーションで判定しました。判定項目は流心蛇行性・流速緩急性・河床変化・静穏域の4つとし、平成11年3月に施工実施。翌年、春秋の2回モニタリングを行って、ほぼシミュレーションと同じ結果が得られました。

s02_1
s02_2